メディテーションって何?

メディテーションと聞いて何を連想されましたでしょうか?

メディテーションについて、しっかりと話しを説明を聞いたことがありますでしょうか?

 

言葉は聞いたことがあるけど、どんな事かはっきり知らないという方が多いのではないでしょうか? 僕もそうでした。「宗教かな?」とか、「難しいのかな?」とか、いろいろ考えたことがありました。でも宗教でもないし、難しくもないんですよね。

とても簡単で気持の良い感覚の訓練法なんです。

では具体的にメディテーションってなんでしょう?

メディテーションってなんでしょう?

メディテーションの基本は呼吸と意識でありとても科学的なんです。

 

★人の脳は酸素で動いています。
 しかし、知っての通り、毎日の仕事やいろいろなストレスによって現代人は呼吸が非常にあさくなっています。意識をして呼吸をすることは非常に希なことです。その呼吸不足によって脳に十分な酸素が行かず、脳が正常に動かなくなっています。当然、適切は指令が脳から出せなくなっていますから、いろいろな病気になったり体の不具合が出てきてもおかしくないわけです。

 

 ですから意識をして深呼吸をしましょう……ということなのですね。十分な深呼吸をすることによって脳に酸素が行き渡ります。そうすると脳が正常に働き始めてくれます。そして各器官に適切な指令をすることができ、各器官が正常に動き始めるます。人が本来持っている自然治癒力がうまく働き始めるんですね。

 

 ここまでできれば今度は意識です。どんな些細なことまでも意識をして行います。先ほどまで話をした呼吸をはじめ、見るもの、聞くもの、嗅ぐもの、食べるもの、触るものなどを意識をして選ぶのです。素敵な美しいものを見て、気持ちの良い音を聴いて、美味しくて体によいものを口にする。そういった全ての事に意識を集中するんです。そうすれば本来各人が持っている好き嫌いがわかり始めます。とかく人は周りの流行やマスコミ等によって、「何を自分が好きなのか」という事がわからなくなってきています。

 

 このページを見ている方は意識の覚醒について興味のある方が多いと思います。しかし、その覚醒に行き着く行程の中で、いかに矛盾した行為をしているかということに気が付いていない人も結構います。単純に考えればわかることなのですが、意識を覚醒させようとしている人がタバコを吸ったり、強いお酒を大量に摂ったり、刺激物であるカフェインなどを摂ったりしています。これはコンサートに行くのに耳に耳栓をしていくようなものです。美味しい料理を食べようとしているのに舌にビニール袋をはめて食べようとしているようなものです。

 

 話がそれましたが、自分が何をしているのかということを少し離れて見るとよくわかるものです。それが意識です。これを続けるにつれて意識が無意識に勝るときが来ます。意識をしていろんなものを選びます。そうしていくうちにその人が本来持っている好き嫌いがハッキリします。そして最後にその人の持っている感覚を取り戻せるというわけです。

 

 メディテーションとはこれらの行為の訓練なんです。自分の感覚を訓練します。20〜30分の時間を自ら作り訓練します。そして良い音楽を聴き、自分と向き合うことによって、起きているのか寝ているのかわからない状態になります。その時にポジティブなイメージを入れてあげる事によって、その人が覚醒し始めます。メディテーション状態とは潜在意識のむき出しになっている状態であり、情報を受け入れやすい状態になっているわけです。

 

 朝瀬蘭のメディテーションCDは聴くだけでそれを可能にしています。本当の意味で自分のための時間を作るところから始めてください。それも意識の一つです。忙しい日本の社会の中で意識をして自分自身と向き合います。その大切な時間を朝瀬蘭の音楽と共に過ごしてみてください。きっとあなたの知らない本当の自分自身と語り合える時が来るでしょう。

 

それでは素敵なメディテーションを……